SANYO HOUSE MESSAGE

三洋ハウス・社長の想い

EPISODE.1 - 社長 逆瀬川 勇 -

三洋ハウス社長、逆瀬川の生い立ち

三洋ハウス株式会社 代表取締役、逆瀬川勇。
曽於郡輝北町生まれ。9人兄弟の末っ子。中学まで輝北町で過ごす。義理の兄二人が大工を。家造りのDNAは元来備わっていたのかもしれない。母親の女手一つで育てられた逆瀬川。大阪の高校、奈良の大学に進学。高校の頃から将来は独立して事業を起こしたいという志を持って、学費を工面する為、牛乳配達やトラック運転手など、出来る事を何でもこなして青春時代を過ごす。

夢を実現する為には苦労を厭わず前進し続ける事。

大学を卒業後、大手生命保険の幹部候補生を経て24歳の時、人生の大きな転機となる東京の大手建材メーカーに勤めることに。
与えられた仕事は営業部特販係。主に大手住宅メーカーを訪問し、床材、壁材の指定材の販売促進営業を行った。この時の直属の上司に営業のあり方、仕事の取り組み方の基本を学び、お客様の為には絶対に妥協しないという今の姿勢の礎となる。また、この頃結婚もし、2Kのアパートで夫婦二人で協力・節制し、後の開業資金を貯め、宅建主任の資格も取得し次のステップへの足固めをしていった。

EPISODE.2 - 三洋ハウス創業 -

三洋ハウス創業時の想い

昭和53年4月。当時逆瀬川は28歳。この時、以前から抱いていた独立の思いを形にする一大決心を。どうせやるならば鹿児島で、「鹿児島」の皆さんの為に「鹿児島」の風土に合った注文住宅を作りたいという思いで建材メーカーを退職、妻と娘を連れ帰郷。
裸一貫で帰ってきたものの、家もなければ仕事もない。家を借りようと不動産会社を訪ねても門前払いをくらうなど、今では笑い話の出来事もあった。

三洋ハウス株式会社設立

その後、まずは生活の基盤を築く為にも不動産会社に就職、入社二ヶ月で実績を上げた後、かねてからの夢を実現する為に退社。帰鹿後わずか半年で三洋ハウス株式会社の設立に至る。
当時の事務所は7坪の土地、家賃7万円だった。

昭和62年本店店舗購入

社員は2人からスタート。その後営業マンを3人採用。建売業者としては新参業者という事もあり、苦闘を強いられるが、第一期決算より黒字に。そして、54年には現在の南郡元町へ事務所を移転。その後、住宅地価が年々下がるという不動産不況に入るが、時を同じくして 初の注文住宅を受注。
昭和62年、三洋ハウス設立から8年を経て、本店店舗を購入する。

その後、賃貸マンション販売にも力を入れ、事業を拡大。また平成7年、10年には念願の住宅総合展示場への出展を果たす。注文住宅の販売棟数も着実に伸ばし、その後現在の主力商品である「木間々な家」の常設展示場や、新しい暮らしやすさを提案する「桧家住宅」の取扱い、自社宅地分譲、分譲マンションの販売など、お客様の様々なニーズに対応出来る商品とサービスを充実。

南日本ハウジングプラザ出展(ソレイユ)

MBC住宅展示場出展(サクシードホーム)

「木間々な家」常設展示場オープン

「桧家住宅」鹿児島展示場オープン

“新しい街づくり” 魚見町分譲地
「リオーネ・ヴェルデ」

細やかな配慮は“注文住宅会社ならでは”
分譲マンション「ゼフィーロ姶良レジデンス」

EPISODE.3 - メッセージ -

これから家を建てる事を検討しておられるお客様へ

鹿児島でゼロからのスタートを切り40星霜。本年は三洋ハウス設立40周年を迎える。
新社屋も完成し、最新鋭のVR技術を使って実際の新居をバーチャル体験出来る設備など、今提供できる最高のサービスを駆使し、お客様が安心して家づくりを検討出来る環境を整えた。

一軒一軒、お客様に感動して頂ける家づくりを。

「お客様の為に全力を尽くす」この想いは創業当時から変わらない。「同じ家を販売するにしても、お客様がその家を本当に必要としているのかどうか、何故その家を買われたいのか、何故その土地に家を建てられたいのかといった基本的な部分をしっかりと認識した上で提案し、その家を通じてご家族が幸せになられるように、感動して頂けるようにと、そこまで踏み込んで寄り添い、一緒になって真剣に家づくりのお手伝いをする事が顧客本位に繋がる事だと考えます」と逆瀬川。

三洋ハウスは家を売って終わりではない。始まりなのだ。どこまでも現場レベル。
職人も、技術力はもとより礼節を持ってお客様とのコミュニケーションもしっかりと行える、三洋ハウスが認めた業者しか依頼しない。

「今は、どこの住宅メーカーさんも素晴らしい、高性能で安心安全な家を造られます。それでは、何を持ってお客様に三洋ハウスを選んで頂けるのか?それは、お客様にどこまで感動して頂けるかという事だと思います。お客様のご要望に合った家を、ここまでしてくれるのかと、期待以上のご提案とフォローを全社員が一丸となって行う。品質もさることながら、トータルで感動して頂く。
お客様からご依頼頂いた、一生に一度の住宅購入の為に、全力でお引き受けする。心こそ大切なれです。」

社長、逆瀬川は今も現場に、施主のもとに心を馳せる。

CONTACT US

お問い合わせ

お家の事なら三洋ハウスまで
何でもお気軽にお問合せください

営業時間:9:00~20:00

TEL:099-285-1000

桧家住宅 セルコホーム リクナビ2018 三洋ハウス顧客様限定!第17回サマーナイトクルージング

本社
〒890-0069 鹿児島市南郡元町14番9号
TEL.099-285-1000 FAX.099-285-3000
E-mail:web@sanyo-house.co.jp

イタリアdesign事務所
piazza Massimo D'Azeglio 29 50121 Firenze Italia
TEL.+39.055.2260108 FAX.+39.055.2260823

SNSもフォローお願いします!