ページトップへ

ホームプランナー | 住宅・鹿児島・三洋ハウス

ホームプランナー

いい家を建てるのに必要なもの、それは「人間力」

家は、人の熱意と夢の結晶です。
たくさんの人が、それぞれに思いをこめて関わるからこそ、しっかりと家族を守る器が、出来上がるのです。
私達三洋ハウスは、まっすぐな鹿児島県人の心を忘れることなく、誠実に家づくりに取り組むことを、お約束いたします。

 

プランニングから施工管理、お引渡しまで、一貫して私達が担当します

土地や資金計画が決まりました。さあ、いよいよ設計が始まります。ここで登場するのが私達ホームプランナー。予算をしっかりと守りつつ、夢をかなえるために知恵を絞ります。

多くの場合、漠然としたイメージはあっても、それを実際の間取りにするとどうなるのかはよくわからないもの。私達はまずお客様からじっくりとお話を伺った上で、"暮らしが楽しくなるような住まいのかたち"を提案することを信条としています。

いつもお客様にお伝えするのは、「ぜったいに遠慮しないでくださいね」という言葉。気になることは何でも投げかけていただき、たくさんのキャッチボールをすることで、建てたかった家の形が、お客様にも、私達にも、どんどん鮮明になってくるからです。

プランニングから施工管理、お引渡しまで、私達が責任を持って関わります。せっかくの家づくり、一つ一つの段階を大切に、楽しみながら、家族みんなが笑顔になれる我が家をつくりましょう。私達が誠心誠意、お手伝いいたします!

 

スタッフからひと言


上堂薗 英俊
三洋ハウスを選んでいただくことに、誇りと自信をもっています

お客様にとって、三洋ハウスを選んでいただくメリットの一つに、私達が設計事務所・建設会社・不動産会社の、3つの側面を持った会社であるということが言えると思います。

・設計し、施工管理をする設計事務所。
・実際に現場で施工する建設会社。
・建物を建てるための土地を探す、あるいは開発する不動産会社。

それらの機能を会社の中にすべて持っているわけですから、引継ぎのトラブルがなく、余分な費用も発生しません。

また、当然のことながら3者は密接な関係を持っています。設計士がプランを描き、管理することでデザイン性の高い建物ができますし、建設部門が職人の育成に力を入れていることで、技術的にしっかりとした建物を建てることができます。また、土地の持っている特性―形状、日当たり、水はけなど―は、プランの出来ばえを左右するため、不動産部門が持っている宅地に関する豊富な知識と経験は、大きな強みになります。

ですから、三洋ハウスで家づくりをされると本当にお得だと思います。私はどちらかと言うと不器用で、実際に思っていることしか言えない人間ですので、言葉通りに受け取っていただけると嬉しいです。このホームページを見てくださった皆様とご縁があって、ご一緒に家づくりができることを楽しみにしております。

 


 


福島 美弥
お客様になりきる。でないと取って付けたようなプランになってしまうから

小学校1年生の頃、私の遊び場はモデルハウスでした。働いている母親に代わり、遊び相手はおじいちゃんとおばあちゃん。私の相手をするのに疲れた時に思いついたナイスアイデアが、モデルハウスに連れて行くことだったみたいです(笑)。

ところが、祖父母の期待以上にモデルハウスにはまり込んでしまい(?)、私はそれから一人でそこを訪ねるようになりました。手袋を持参し(素手で触ると汚れるため)、案内係の人に質問し、あげくの果てに方眼紙に間取りを描き、「こうした方がいいんじゃないの」とダメだしまで・・・(笑)。係の人は大迷惑だったと思いますが、おかげで私は早い時期に進路を決定することができました。鹿児島大学の建築学科に進学し、三洋ハウスに採用してもらって今日があります。

本当にこの仕事は天職だと思います。悩んだり、落ち込んだりすることもありますが、そんな時でもお客様がひと言、「思っていた以上の家ができました」なんて言ってくださろうものなら、辛いことは全部吹っ飛んで、「生きててよかった!」となってしまいます。

私が基本にしているのは、お客様になりきって考えてみること。だからヒアリングの時はしつこいですよ(笑)。家に帰ってまず何をする?とか、トイレの後、そこで手を洗う?洗面所で洗う?とか。すごく細かいことだけど、暮らしにとっては結構大切なことだと思うんです。お客様になりきった上でプランを考えると、その方の個性にしっくりと馴染む家ができてきます。だから、できるできないに関わらず、出せるものは全部出して!って、いつもお客様にはお願いしているんです。