ページトップへ

家づくりへの思い | 住宅・鹿児島・三洋ハウス

家づくりへの思い

 

住む人の命を守るという使命を肝に銘じて

三洋ハウスは様々な家を建てています。それは、自動車メーカーが、高級セダン・スポーツカー・ファミリーカー・軽自動車と、どのような自動車もつくることができるのと同じことです。高級セダンと軽自動車では、仕様も値段も異なりますが、どちらも同じだけの重さで、絶対に守らなくてはならない使命があります。そうです。『命を守る』という使命です。

私達は住宅もよく似ていると考えています。万一の時の地震、火災、台風。そして雨や風、湿気などによる劣化。それらから人を守ることができなければ、住まいは健康で安全な場所ではありえません。だから、三洋ハウスの家は、もっとも大切な基本性能においては、どの家も同じだけの技術と手間をかけた家であることを、皆様にお伝えしたいと思います。

 

子育て世代を応援する家をつくりたい

そして、その前提の上で申し上げます。私達は、高級車よりもファミリーカーを、より多くつくりたいのだと。家族にとってなくてはならない足であり、買い物に、アウトドアにと毎日のように使われ、いつの間にか家族の一部になっている、そんなファミリーカーのような家をたくさんつくりたいのです。

だから、もともとは完全自由設計の注文住宅から出発した私達でしたが、そこで学んだことを生かして、間取りや仕様の変更がある程度可能な2階建て規格住宅「木間々な家」や、平屋住宅シリーズ「木咲な家」を開発しました。


この2つは、子育て世代のご家族に、品質の良い家を手に入れていただくための、私達の挑戦です。もちろん、鹿児島の気候風土や子育て世代のライフスタイルに合わせた工夫が、随所になされています。ぜひ、多くの方に実際にご覧いただいて、その良さを実感していただけたらと思います。

 

地元鹿児島が大好きな住宅会社

もともと大阪で日立造船や郵政省などに勤務した後、東京の大手建材メーカーで大手ハウスメーカーの家づくりを学んだ逆瀬川ですが、故郷の人々にとって役に立つ仕事をしなくては意味がないと、帰郷を決意しました。以来、鹿児島県民の皆様に喜んでいただける家づくりを、一貫して追求してきた逆瀬川。それは、単に家を建てるのではなく、子育て世代が集まって自然にコミュニティが生まれるよう、街づくりも視野に入れた住宅建設を行っていることにも表れています。

そんな試みのひとつが、鹿児島市魚見町に誕生した「リオーネヴェルデ」。第一工区全43区画の分譲地には、親から子へと受け継がれていく町をつくりたいという、逆瀬川の理想がこめられています。

緑と風の街「リオーネヴェルデ」

リオーネヴェルデには大きく分けて3つの特徴があります。

1) グリーンタウン
緑豊かなグリーンゾーンに加え、区域全体の形状や高低差により発生する風通しを活かせるよう、街全体をプランニングしています。緑の中を爽やかな風が通り抜け、快適な暮らしを演出します。

2) 安全な街並み
街の入口及び、住宅前に配置された街灯の明かりが、通勤や通学などの帰りを優しく出迎えます。人感センサー式なので必要な時だけ点灯すると共に、それ自体が家の前に不審者を近づけにくくします。

3) 子どもたちがのびのび成長できる街
若い世代が多く住み、子どもたちがのびのびと成長できるリオーネ・ヴェルデは、魚見町を活性化させる新たな街の中心となります。

 

三洋ハウスでは、これからも町づくりまで視野に入れた家づくりに挑戦し続けたいと思っています。なぜなら、人を育てるのは親だけではなく、周囲の環境だと思っているからです。

鹿児島の未来のために、長い目で見て良いと思える家づくり、町づくりをする。これは、いまや三洋ハウスのスタッフ全員に共通した思い―。ご縁があって、このホームページを見て下さった多くの方々との出会いが生まれることを、スタッフ全員が心から楽しみにしています。

社長が語る家づくりの思いもあわせてお読み下さい

> 社長の思い

三洋ハウスの一番うれしい日をご紹介!

わくわく着工式

いよいよ着工という時に、三洋ハウスでは関係者全員が集まって着工式を行います。

現場担当者が行程について説明を行います。

 

最後に三本締めを行い、式を終了します。

 

お施主様の感想 

「三洋ハウスを選んだきっかけは、知人の口コミ。
行ってみたら噂どおりのいい会社でした」

1年くらい前から家がほしいねって2人で話し合っていました。「毎月の家賃を払うのがもったいないよね」って。でも建てるとなると予算もかかるので、あきらめかけていたんです。

そうこうしているうちに、今年になって、知人が三洋ハウスで家を建てました。その時のスタッフが素晴らしくて、家もとても良かったって聞いたんです。それじゃあ僕らも話だけでも聞きに行こうか、ということになりました。来てみたらすごく親しみやすくて、モデルハウスも気軽に案内してくれるし、いい会社だなあって。正直言って、1年前に話を聞きにいった他の会社とは比べ物になりません。それじゃあ僕達も頑張ってみるかという気持ちになり、思い切って三洋ハウスさんにお願いすることにしました。

きょうはいよいよ着工式を迎えることができて、胸がいっぱいです。プランを描いてくれた福島さん、本当に有難うございました。おかげさまで僕達にとって、子ども達に残す財産として、とてもいいお家ができると確信しています。これから建っていくのがとても楽しみです。最後まで三洋ハウスさんとの家づくりを楽しみたいと思いますので、よろしくお願いします!