ページトップへ

ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)への取り組み | トピックス | 住宅・鹿児島・三洋ハウス

鹿児島で三洋ハウスの家を建てる

ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)への取り組み

 

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)のススメ

いま政府は「ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」の普及を進めています。

これからは、エネルギーを「自宅で創って」「自宅で使う」時代になります。

 

Zero Energy House(ゼロ・エネルギー・ハウス) = ZEH

正確には「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」で年間の一次エネルギー消費量の収支が、

ネット(正味)でゼロ以下になる住宅です。

(創るエネルギー量が、使うエネルギー量よりも大きいか、

おおむね同じ量になることを目指した住宅です。)

 

2030年にかけて、エネルギー政策が段階的に進められていきます。

これから2030年にかけて政府によるエネルギー政策が段階的に実施されます。

例えば、電力システムの改革、スマートメーター・HEMSの普及、そしてすべての新築住宅の

「2013年改正省エネ基準」の義務化に向けた環境づくりがおこなわれます。

 

2020年までに「2013年改正省エネ基準」レベルが一般住宅に義務化される予定です。

日本政府では、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を
標準的な新築住宅とすること目標に掲げています。
2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。としています。

 三洋ハウスの取り組み

 

ZEHの周知・普及に向けて 

ゼロ・エネルギー・ハウスへの取り組みや補助金などの情報をホームページで発信いたします。

ゼロ・エネルギー・ハウスのモデルハウスを建設し、見学会での説明や折込チラシなどで

告知を行ってまいります。

 

 

記事一覧|鹿児島で三洋ハウスの家を建てる