ページトップへ

地震に強い!三洋ハウスの家 | トピックス | 住宅・鹿児島・三洋ハウス

鹿児島で三洋ハウスの家を建てる

地震に強い!三洋ハウスの家

地震に強い! 三洋ハウスの家

1.地盤調査~地盤改良

どんなに建物や基礎が地震に強くても、仮に地盤が弱ければ建物の荷重に建てきれず地盤が沈下してしまいます。建物の重さが地盤が耐えられるかどうか判断するため、三洋ハウスでは全区画に対し地盤調査を実施しております。

 

地盤調査の結果、住宅の建設予定地が軟弱地盤の場合には改良工事などにより、住宅の荷重に耐えられるよう地盤補強しなくてはなりません。三洋ハウスでは地盤の状況に合わせて、しっかりとした補強工事を行っており安心です。

 

 2.頑強ベタ基礎

 

建物を支えているのは基礎です。地震に強い家を造るには強い基礎が必要です。

建物の床下全面に鉄筋を配筋し、コンクリートを打設します。 

ベタ基礎は建物の荷重を分散する効果があり、地震の揺れに対して高い強度を発揮します。

一般的な立上り幅は120mmですが、三洋ハウスではより強度の高い150mmで施工しています。

 

3.剛床工法(1F2F構造用強談24mm+フロアー材12mm)

 

 水平剛性を強め、水平方向の変形に強いという特性を持ってる剛床工法を採用しています。

根太(ねだ)を設けず横からの水平力に抵抗させるために、厚みの厚い床下地合板(構造用合板厚み24mm)を用いた床組みです。

【横揺れ】や【ねじれ】を抑える効果があります。

 水平面の共同が不足すると地震による大きな力が加わると、建物も捻じれて潰れるる事になります。

 耐震住宅を建てるには水平剛性の確保が重要な事なのです!

 

4.構造用接合金物

 梁や柱など荷重が集中しやすい接合部は地震の際、破損やズレが生じやすい場所です。

接合部に構造用接合金物を使用することで強く固定し、ゆがみや変形に強い構造となっています。

 5.軽量屋根仕様

 

軽い屋根は地震の揺れを小さくします。

建物を軽量化することで、建物の重心を低くし、地震に対する揺れを小さくします。

屋根が重いと地震による建物の負荷は建物の重さに比例して増大するので、

屋根が重いとその分揺れは大きくなります。

さらに屋根が重いと建物の重心が高くなるので、揺れ幅は一層大きくなります。

 

6.オール電化住宅(地震時に火災になりにくい)

 

 オール電化住宅は火災の発生率が低くなっています。

火災発生率が高いコンロやストーブを使用しないことで、火災の発生しにくい住宅となります。

 

 

記事一覧|鹿児島で三洋ハウスの家を建てる